台湾向けWebマーケティングご依頼・ご相談

Home>台湾進出支援>台湾向けWebマーケティングご依頼・ご相談
台湾向けWebマーケティングご依頼・ご相談 2017-03-03T02:14:49+00:00

サービス一覧

台湾WEBマーケティングご依頼の前に

台湾のインターネット事情

台湾のインターネット普及率は、2015年時点で88%と非常に高い数値となっております。台湾の検索エンジンのシェアの特徴として、台湾向けのYahoo!(Yahoo!奇摩)が2013年までは60%を超えておりましたが、2015年6月時点ではgoogleのシェアが80%を超え、1位となりました。
2016年現在では台湾においてPC、モバイルともにGoogleがトップシェアを占めております。したがって、台湾でWEBマーケティングを行う場合は、Googleで対策を行うのが良いでしょう。

台湾向けWEBマーケティングサービス

WEBマーケティングサービスご案内

台湾向けWEBマーケティングサービス例です。当社は格安でご対応をさせて頂いております。
まずは一度下記お問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お見積りをご依頼下さい。

台湾に関するデータ収集を行います。主に開示されている公的データをもとに、日本語でレポートにしご報告致します。質的調査(インタビュー等)、量的調査(アンケート等)などの統計・因子調査なども柔軟にご対応致します。

台湾の検索エンジンシェアはGoogleとYahoo!の2強です。台湾版Yahoo!はBingのアルゴリズムを導入しておりますが、Googleとほぼ同じ内容なので、台湾向けSEOは主にGoogle向けの対策を行います。

台湾向けのホームページ制作サービスです。台湾で使用される繁体字中国語で制作致します。ただし中国語で作るだけでは意味がないので、デザイン性の高く閲覧者を引き付ける素敵なページをご提供致します。

台湾ではGoogleが検索エンジンのトップシェアなため、基本的にGoogle向けの検索連動型広告を出稿致します。ただし、潜在的なYahoo!ユーザーも多いため、Yahoo!向けの広告出稿もご検討頂けます。

お問い合わせ

台湾インターネット環境基本データ

台湾インターネット普及率

台湾のインターネット普及率は、2015年時点で88%となっております。左のグラフから見てもわかるように、堅調にネットインフラが整備され、拡大の一途を辿っております。2015年時点では、世界でも1割に入る高い普及率です。またスマホの普及率も非常に高く、2015年時点で70%となっております。日本以上に普及しており、インターネットにおいてはかなり先進的な国であると考えてよいでしょう。

台湾検索エンジンシェア

2016年2月時点の検索エンジンシェアは、Googleが83%、台湾向けのYahoo!(Yahoo!奇摩)が15%となっております。2013年まではYahoo!奇摩が60%以上のシェアがありましたが、2014年にGoogleが逆転しました。

Google 83%
Yahoo! 15%

台湾ブラウザシェア

台湾の2016年2月時点におけるブラウザシェアは、Chromeが65%、IEが22%、Firefoxが7%となっております。世界のブラウザシェアは、Chromeが60%、IEが15%なので、台湾は比較的世界平均に近いシェアと考えてよいでしょう。また、台湾ではモバイルブラウザにおいても、同様にChromeが60%のシェアを占めております。

Chrome 65%
IE 22%
Firefox 7%

台湾WEBマーケティング関連コラム

Contact-お問い合わせ-

お気軽にお問い合わせください。

ホームページ制作や映像制作、台湾進出など、展開事業に関するお問い合わせ・お見積・ご依頼はお電話、またはお問い合わせフォームより承ります。

TEL:03-4500-2499
東京本社:東京都練馬区富士見台1-18-1-201
愛知営業所:愛知県名古屋市瑞穂区大喜町4-19

お問い合わせ